ヤマザキミシンの修理の最近のブログ記事

gazou_0427_10-2.jpg
通販セイカツのCMで人気の実用型ミシン「糸が絡む・針が振らない」というミシン修理です。
 
経年(2000年初期お買い求め)の固着とタイミングが狂っていたことが原因なので、オーバーホール(全体的分解修理)・内外部クリーンアップで修理させていただきました。
 
gazou_0215_10.jpg
さいたま市浦和区からご来店されたお客様の実用型ミシンで「糸切れ・糸が絡む」というミシン修理です。
使用頻度が多いことと無理をされたことでタイミングが狂ったこと及び針板に傷ができたことが原因です。
オーバーホール・針板研磨・内外部クリーンアップでスムーズに縫えるように修理させていただきました。
 
アックスヤマザキミシンとは山崎範夫さんのミシンとして知名度の上がった大阪のミシンメーカーです。
以前はそのほかにN軽機、S実業、T産業、M精機(徳島)など関西地区では特徴のある家庭用ミシンメーカーが競っていましたが・・
ミシン市場の縮小とともに現在はジャガーとヤマザキの二社がそれぞれユニークなミシンを供給しています。
 
gazou_1213_09.jpg
ミシンの宅配修理で回収させていただいたお客様のミシン修理で「針が振らない」という症状です。
3年間お使いにならなかったことによる固着が原因のようです。
オーバーホール・内外部クリーンアップでスムーズに動くように修理させていただきました。
 
gazou_1102_09.jpg
宅配修理で回収させていただいたお客様のミシンで「糸調子が悪い・針が折れる」というミシン修理です。
糸調子器の不具合と釜の傷が原因なので、オーバーホールのうえ糸調子器を適正に合わせ・釜の研磨・内外部クリーンアップできれいに縫えるように修理させていただきました。
 

gazou_0323-2.jpg

通販生活で人気のミシンで「モーターが唸って動かない」と言うミシン修理です。
糸がプーリーの内部に絡んでしまったことが原因なので糸を取り除き注油・点検させていただきました。

gazou_0317.jpg

通販生活で人気のミシンで「縫い目が変わらない・ジグザグができない」というミシン修理です。
送りと針棒部分がオイル不足により固まっていることが原因なので、分解掃除・注油により軽やかに動くように修理させていただきました。

gazou_0122.jpg

通販生活で人気のミシンで「裁ち目かがリができない」というミシン修理です。
数年前にお買い求めになって、あまり使ってないことによる油の固着が原因で針棒が横に振らず直線縫いしかできません。
分解してみると、古い油が「ガム」のようにネバネバ状態でした。
オーバーホールできれいにして音も静かになり、快調に縫えるようにさせていただきました。

gazou_0911-3.jpg

10年位前にお買い求めのミシンで「音が大きい・回転が重い」というミシン修理です。
オイル不足と埃が原因で、分解掃除・注油で修理させていただきました。

gazou_0808.jpg

15年位前にお買い求めのミシンで「糸切れ・糸からみ・音が大きい」というミシン修理です。
針と当たった衝撃で中カマの先端が変形したことが原因で、研磨・分解・注油で修理させていただきました。

gazou_0601.jpg

最近では少なくなった半回転カマの電子ミシンで、
厚地を縫って針を曲げてから「音が高くなり、調子も悪い」というミシン修理です。
奥に詰まっていた糸を取り除き、注油して修理させていただきました。
修理のBlog

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちヤマザキミシンの修理カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはベルニナミシンの修理です。

次のカテゴリはリッカー ミシンの修理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • 画像
Powered by Movable Type 4.1