2008年9月アーカイブ

gazou_0929-2.jpg

15年位前の2本糸ロックミシンで「目とび・糸切れする」というミシン修理です。
経年とオイルを1度も差した事がないということが原因だと思いますが・・タイミングが微妙に狂っています。
分解・調整・注油で修理させていただきました。

gazou_0929.jpg

3,4年前にお買い求めのミシンで「糸立て棒が折れた」というミシン修理です。
このタイプは一体型プラスチック成型で本体の内側から止めてあって、分解しないと固定でないので、これくらいのことですが・・・少々時間がかかります。
華奢な糸立てですが、最近のものは改良されています。

gazou_0928.jpg

2000年頃お買い求めのコンピュータミシンで「明かりもつかず、動かない」というミシン修理です。
プーリーを手で回すと、軽く回転するのですが・・?
お客様がおっしゃった<少し前まで動いたり、動かなかったりしていた>というお話で、電源コードの断線を見つけることができました。
電源コードの交換という簡易修理ですみました。
 
             ※ ご注意
電源コードをコンセントから引き抜くときに、コードを持って引き抜く方を見かけますが・・・
断線の原因になりますので、写真のようにプラグをもって引き抜いてください。

gazou_0927-2.jpg

10年位前の職業用ミシンで「コネクターの破損」ですが・・・少し前にも同様の修理があり、ウィークポイントのようです。コネクター交換の簡易修理をさせていただきました。

gazou_0927.jpg

1992年発売のミシンで「糸が下でグシャグシャになる」というミシン修理です。
俗に言う鳥の巣状態の症状は時々あることで、天びんに糸が入ってないか糸かけの間違いでおこることも多く、お電話・メールでのご説明で直ることもあります。
今回は糸調子が大幅に狂っていて、9にしても効きません!
分解・調整で糸調子器を適正な状態に修理し、糸調子の合わせ方をご説明させていただきました。

gazou_0926-3.jpg

10年位前の4本糸ロックミシンで「布送り、糸調子が悪い」というミシン修理です。
このタイプの送りカムは定番の修理で、カムとテンションリングを交換して修理させていただきました。

gazou_0926-2.jpg

10年位前にお買い求めのミシンで「音が大きい・目とび・自動針穴通し故障」というミシン修理です。
オイル不足が主な原因で、分解・注油で修理させていただきました。
 
※ 工業用全回転カマのミシンはカマの回転部に時々注油すると、音が静かになり故障も少なくなります。
  (注油ポイントは7月27日のブログをご参照ください。)

gazou_0926.jpg

10年位前にお買い求めの小型ミシンで厚地を無理に縫ってから「下糸をすくわなくなった」というミシン修理です。
タイミングが狂ったことが原因で、分解・調整・注油で修理させていただきました。
 
※ 厚地・固い布地などを縫われるときはスピードを最低速プーリーを手で回しながらゆっくり縫うと故障が少なくなります。

gazou_0925-3.jpg

ご来店されて「ちょと変なので・・」と、点検のご依頼をいただいた15年くらい前のミシン修理です。
ウィークポイントの内カマの突起が取れていて、上手く縫えません。
内カマ交換と掃除・注油で修理させていただきました。(現在の内カマは改良されています。)

gazou_0925-2.jpg

1998年にお買い求めの職業様ミシンで「糸調子器が取れてしまった」というミシン修理です。
少し前にメールをいただいて、取り付け方についてのご返信をさせていただいたのですが・・・。
やはり慣れていらしゃらない方には難しかったようで宅配修理のご依頼をいただいたミシン修理です。
修理というほどではなく、取り付けはカンタンに済みましたが、同封されてあったジーンズとステッチ糸での縫い方をご説明させていただきました。
 
         《厚地デニムの縫い方》
右の写真のように20番、30番の糸で厚地を縫うと上糸はきれいで下がヨロヨロすることがよくあり、上糸調子をかなり強くする必要があります。
そうすると、重なった部分で目とび・針折れする原因にもなります。
スムーズに縫うには針板を厚地用の針穴の大きいものに替えるか、下糸だけ普通の50番位の糸に変えてください。
さらに、重なった部分は裏側の布地を少し切り取って薄くし、その部分はゆっくり手で回すように無理をしないで縫ってください。

gazou_0925.jpg

15年位前にお買い求めのミシンで「下糸がつる」というミシン修理です。
上糸調子器内に埃が詰まっていることで、糸調子が全然効きません。
分解掃除とボビンケースを適正に合わせ修理させていただきました。
 
※ボビンケースのネジの合わせ方については8月4日のブログをご参照ください。

gazou_0922-3.jpg

1985年発売のコンピュータミシンで「糸がからむ」というミシン修理です。
内カマのキズが原因で、分解・注油と内カマを交換して修理させていた だきました。

gazou_0922-2.jpg

2000年にお買い求めのミシンで「下糸をすくわない」というミシン修理です。
プーリー(ミシン右側の手で回す部分)を無理に回したことによる下軸ギアの破損が原因で、分解・注油とギアを交換して修理させていただきました。
 
※ミシンの回転が重くなった場合、プーリーを無理に回さないで布埃の掃除・注油を行ってから、少しずつ回転させてください。

gazou_0922.jpg

1976年発売のミシンで「模様選択ダイアルが動かない・回転が重い・スピード調整ができない」というミシン修理です。
経年とオイル不足によるギアの破損などが原因で、オーバーホールと2箇所のギアとコントローラーを変えて修理させていただきました。

gazou_0921-5.jpg

15年位前のコンパクトミシンで「糸調子が合わない」というミシン修理です。
上糸調子バネが曲がって、作動していないことが原因で糸調子器とボビンケースを調整して修理させていただきました。

gazou_0921-4.jpg

1990年頃お買い求めの職業用ミシンで「ニットを縫ってから調子悪い」というミシン修理です。
分解・注油とカマと針のタイミングを合わせ、修理させていただきました。
 
※ニット・ジャージ等の伸縮布地を縫うときは針をニット専用針に変えるとスムーズに縫えます。

gazou_0921-3.jpg

しばらく使ってないので「点検してほしい」とご依頼をいただいた10年位前の3本糸ロックミシンの出張修理です。
電球を交換して、簡易修理させていただきました。

gazou_0921-2.jpg

10年前にお買い求めのコンピュータミシンで「下糸が巻けない・自動針穴通し故障」というミシン修理です。
分解して下糸巻き軸に絡んだ糸を取り除き、針穴通しのタイミングを合わせて修理させていただきました。
 
◎自動針穴通しに関してブラザー製は使いやすく優れているものが多く、視力の衰えた方でもカンタンに糸が通せます。

gazou_0921.jpg

15年前にお買い求めのミシンで「明かりもつかず動かない」と言うミシン修理です。
こういう場合、基板とかヒューズの故障を考えますが・・・?
今回は電源コードの故障で、電源コードを交換して修理させていただきました。

gazou_0920-2.jpg

2000年にお買い求めのコンピュータミシンで「送りが悪い・雑巾が縫えない」という宅配修理です。
ミシンには特に問題が無いので、使い方のご説明をして点検・注油させていただきました。
 
            《タオル地の縫い方》
時々、ぞうきんも縫えない!という話を耳にしますが・・タオル地を何枚も重ねると、布を送り難くなることをご経験された方は多いと思います。
このたびも下記の2点をご説明させていただきました。
 
1、縫い目の長さを大きくする。(布の送り量が増大することと、やわらかく縫うために)
2、布端しから縫い始めると進まないことがあるので、少し内側から返し縫を利用して縫い始める。

gazou_0920.jpg

1991年発売のコンピュータミシンで「上糸がつれる」というミシン修理です。
経年による糸調子ローラーの固着が原因で、分解・注油で修理させていただきました。

gazou_0919-2.jpg

10年経ったので「点検してほしい」とご依頼を受けた出張修理です。
昔のミシンはご自分で簡単に掃除・注油くらいはできたのですが・・・
ドライバーで開けて注油箇所のポイントをご説明しながら注油・簡易点検をさせていただきました。

gazou_0919.jpg

15年位前にお買い求めの職業用ミシンで「動かない」というミシン修理です。
カマとカマ止めに糸が絡んだことが原因で、部分的分解修理で修理させていただきました。

gazou_0918-5.jpg

10年前にお買い求めのミシンで「音はするが動かない」というミシン修理です。
オイル不足による固着と布埃が原因で、分解掃除・注油で修理させていただきました。
 
ミシンのお手入れ掃除場所によって小さいブラシまたは掃除機で吸い取ってください。

gazou_0918-4.jpg

1973年発売のミシンで「回転が重い・目とびする」というミシン修理です。
カマの駆動ギアの破損が原因で、分解・注油とギアを交換して修理させていただきました。
 
          《古いミシンでも直します》
今回のお客様もお買い求めになったお店に修理を頼んでも"部品がないから直らない"と新しいミシンを勧められた方で、同様のご相談・ご依頼が増えております。
景気が低迷している今、ミシン業界の販売競争も熾烈を極め、売り上げをあげるために営業さんも大変でギリギリの勧誘もあると思います。
しかし、お客様の節約志向と環境問題等を配慮して、弊社ではどんな古いミシンでも直せるものは適正価格で修理させていただくことを基本方針としております。

gazou_0918-3.jpg

ソーイングがご趣味でほぼ毎日お使いの40年位前のミシンで「下糸がつれる」という出張修理です。
糸調子バネとボビンケースを調整して修理させていただきました。
"修理するミシン屋さんがいて助かる"とご年配のお客様に言われたことがとても励みになった1日でした。

gazou_0918-2.jpg

10年前にお買い求めのコンピュータミシンで「電源は入るが動かない」というミシン修理です。
このタイプでは少ないスイッチ基板の故障で、分解・注油と基板を交換して修理させていただきました。

gazou_0918.jpg

1999年にお買い求めのミシンで「回転が重い」というミシン修理です。
オイル切れとカマ部分のサビが原因で分解注油で、修理させていただきました。

gazou_0915-3.jpg

出張修理のご依頼を受けた「糸切れする」かなり古い工業用ミシンです。
経年とオイル不足により釜が磨耗してガタガタ状態です。
お電話で状態をお聞きしていたので、用意した釜・Vベルト・針棒糸かけを交換のうえ注油して修理させていただきました。
・・以前はこういうミシンを使ってご家庭でお仕事をされていた方のお宅によく修理に伺ったものですが・・・

gazou_0915-2.jpg

10年前にお買い求めの職業用ミシンで「電源スイッチの破損」というミシン修理です。
部品交換と注油で修理させていただきました。

gazou_0915.jpg

1992年発売のミシンで「音が大きい」というミシン修理です。
内カマの変形が原因で、分解・注油と内カマを交換して修理させていただきました。
今は廃棄種になっていますが・・・1台2役の貴重ないいミシンなので時々注油して大切にお使いになってください。

gazou_0914-3.jpg

10年前にお買い求めのミシンで「返し縫ができない」というミシン修理です。
返し縫の切り替え部の不具合が原因で、時々あるミシン修理です。分解注油で修理させていただきました。

gazou_0914-2.jpg

15年位前にお買い求めのミシンで「下糸まきが回らない・取っ手がグラグラ」というミシン修理です。
経年の固着、劣化が原因で分解注油と取っ手を交換修理させていただきました。

gazou_0914.jpg

"直らないので新しいミシンを買ったほうがいい"と診断されて・・・当店にご来店されたお客様で、1990年発売の良く売れた小型コンピュータミシンです。
タイミングが狂っていて「下糸をすくわない」という、よくあるミシン修理で分解調整・注油で修理させていただきました。

gazou_0913.jpg

10年前にお買い求めの職業用ミシンで「糸調子が合わない」ということでご依頼を受けた出張ミシン修理です。
糸取バネが破損していることが原因で、注油・バネ交換と糸調子を調整して修理させていただきました。

gazou_0912.jpg

2002年にお買い求めのまつり縫い専用ミシンで、「縫えない(まつらない)」というミシン修理です。
押えレバーの交換とすくいタイミングを合わせて修理させていただきました。

gazou_0911-3.jpg

10年位前にお買い求めのミシンで「音が大きい・回転が重い」というミシン修理です。
オイル不足と埃が原因で、分解掃除・注油で修理させていただきました。

gazou_0911-2.jpg

5年位前にお買い求めの4本糸ロックミシンで
「布地の切れが悪い」という出張ミシン修理です。メス交換と注油で修理させていただきました。

gazou_0911.jpg

15年位前にお買い求めのミシンで「糸調子が合わない」というミシン修理です。
上糸調子器と内カマを最適な状態に合わせ、簡易修理させていただきました。

gazou_0910.jpg

10年位前の職業用ミシンで「動いたり、動かなかったりする」というミシン修理です。
コネクターの破損、オイル不足が原因で分解注油とコネクター・糸調子バネを交換して修理させていただきました。

gazou_0909-2.jpg

10年前にお買い求めの4本糸ロックミシンで「回転が重い・自動糸通し故障」というミシン修理です。
ベビーロックの定番修理で分解注油・送りカムを交換して修理させていただきました。

gazou_0909.jpg

1960年頃のミシンで出張修理に伺ってオーバーホールのご依頼をいただき、頭部だけお預かりしたミシン修理です。
オーバーホール・ベルト交換で修理させていただきました。
台脚も昔のままで、希少価値の国産アンティークミシンです。

gazou_0908-4.jpg

2001年にお買い求めのミシンで「モーター音が大きく、回転が重い」というミシン修理です。
このタイプには少ないモーター本体の故障で、モーターを交換してミシン修理させていただきました。

gazou_0908-3.jpg

2001年にお買い求めのミシンで「針が折れる・回転が重い・ボタンホールが不揃い」というミシン修理です。
オイル不足とタイミングが狂っていることが原因で、オーバーホールとボタンホールの微調整で修理させていただきました。

gazou_0908-2.jpg

1979年発売の初期のコンピュータミシンで「糸調子が合わない」というミシン修理です。
上糸調子器が全然利いていないことが原因で、分解掃除で糸調子器内の埃を取り除き、最適な状態に調整して修理させていただきました。

gazou_0908.jpg

1991年にお買い求めのミシンで「糸がつれる」というミシン修理です。
オーバーホールと内カマのキズを研磨し、ボビンケースと糸調子器を最適な状態に調整して修理させていただきました。

gazou_0907-2.jpg

1988年発売のミシンで「糸が絡む・回転が重い」というミシン修理です。
内カマ、カマ止めの損傷とオイル切れが原因で、分解・注油と内カマを交換して修理させていただきました。

gazou_0907.jpg

1973年発売のミシンで、古いことと3年間使ってないので「点検してほしい」という出張修理です。
保管状態も良く、基本的にいいミシンなので30年以上経っていても一応縫えましたが・・
注油と糸調子を合わせ簡易修理させていただきました。

gazou_0906.jpg

1994年にお買い求めのミシンで「模様選択ができない・自動針穴通し不良」というミシン修理です。
模様ダイヤルのギアが破損していることが原因で、分解注油とギア、糸通しピンを交換して修理させていただきました。

gazou_0905.jpg

2000年頃にお買い求めのミシンで「糸が絡む・糸調子不良」というミシン修理です。
内カマのキズが原因で、分解・注油・内カマ交換で修理させていただきました。

gazou_0904-2.jpg

《直らないので買い換えたほうがいい》と診断されたのですが・・・直りませんか?とご連絡をいただいたミシン修理です。
ステッピングモーターエラーと表示され「全然動きません」
15年くらい経過したミシンなので固着とオイル切れが原因で、分解・注油で修理させていただきました。
 
《直らない》と診断されてお困りの方は、セカンドオピニオンとして弊社をご利用、お問い合わせください。
愛着あるミシンを直して、限りある資源を大切に使いましょう。

gazou_0904.jpg

20年位前にお買い求めのミシンで「糸が絡む」というミシン修理です。よくお使いのお客様で、針板のキズが原因ですが・・
お急ぎなのと修理予算も安く!ということで針板研磨・クイック修理をさせていただきました。

gazou_0902-2.jpg

10年位前にお買い求めのミシンで「全然動かない」というミシン修理です。
使用頻度の多いお客様で、モーターのカーボンブラシが磨り減っていることが原因です。
オーバーホールとカーボンブラシを交換して修理させていただきました。

gazou_0902.jpg

3,4年前にお買い求めのミシンで「下糸巻きがうまくできない・回転が重い」というミシン修理です。
下糸巻き軸が曲がっていることが原因で(引越しのときにぶつけたかも知れない?とおっしゃっていました。)
分解調整・注油で修理させていただきました。
 
      <下糸の巻き方について>
ミスの少ない下糸の巻き方は・・
右の写真のようにボビンの小さな穴に内側から糸を通し、糸を指でつまんでスタートさせ、ある程度巻いたところでつまんでいた糸をはさみで切ってから、必要な量を巻いてください。

gazou_0901-5.jpg

10年位前にお買い求めの4本糸ロックミシンで「しばらく使ってないので点検してほしい」とご依頼のミシン修理です。
表面の埃も多くしばらく差動させてないようですが・・
糸をつけて動かすと一応縫えるし、ご予算的にもなるべく安く!というご希望なので、エアーコンプレッサーで掃除して注油と糸調子を合わせて簡易修理させていただきました。

gazou_0901-4.jpg

4,5年前にお買い求めのミシンで「下糸がつる」というミシン修理です。
古い金属製のボビンを使用されていることが原因で、修理というほどではなく、<糸の調節>についてご説明させていただきました。
 
※ボビンの写真の右側は昔からあるボビンで、一応縫えるので使っていらっしゃる方も多いようですが・・
水平カマのミシンではご使用は避けたほうが良いでしょう。
なお、自動糸調子と言っても、使用する糸・布地によって多少の糸調節は必要で、完全な自動糸調子ミシンというものはありません。

gazou_0901-3.jpg

1987年発売のミシンで「糸調子が効かない」というミシン修理です。
糸調子器を自動にしてもユルユル状態で、分解・注油と上下の糸調子を最適な状態に合わせ、修理させていただきました。

gazou_0901-2.jpg

かなり古いミシンですが・・直りますか?とご来店されたミシン修理で、半世紀以上前のイギリス製シンガーミシンです。
(その後30年くらい前にポータブルに改造)
お客様が10代の頃、相当高価な贈り物だったらしく、材質・精度の良さが伝わってくる逸品です。
カマ・カマ止め・ボビンケースなど一つ一つにブランド刻印があり、純正でないと合いません。
オーバーホール・研磨で思い出のミシンを修理させていただきました。
 
※このタイプは針の取り付け・糸通しが変則で、針穴に対し右から糸を通します。

gazou_0901.jpg

1995年お買い求めのコンピュータミシンで「糸がからむ」というミシン修理です。
糸調子器に入った埃が原因で、簡易修理・注油で修理させていただきました。
修理のBlog

このアーカイブについて

このページには、2008年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • 画像
Powered by Movable Type 4.1